米村でんじろうの家族構成は?嫁とは3浪した大学で出会っていたらしい!

様々な実験で、子供から大人まで驚かせてしまう、でんじろう先生。そのパフォーマンスはインパクト大で、科学に興味のない人でも、楽しめちゃうんですよね!

そんなでんじろう先生って、結婚しているのか?子供はいるのか?あまり公表されていない私生活について調べてみました!!

 




Sponsored Links


米村でんじろう先生の家族構成は?

でんじろう先生は、律子さんという嫁がいます。大学院時代に出会ったそうなので、奥さんも随分、頭がいいんですね。

卒業後に、嫁の律子さんは、教師になったそうですが、でんじろう先生は就職せず、ほぼヒモ生活をしていたそうです(笑)意外…!!

その後、さすがにこれではイケナイ!と、学校の非常勤講師になります。これが、後に、でんじろう先生のサイエンス博士としての才能を開花させるきっかけとなるのですが…

どうやら、その非常勤講師をしていた学校が、とても自由な校風で、授業も自由な感じでOKという珍しい学校だったそうです。そこで、面白い科学の実験を披露し、注目されるようになったそうですよ。

ちゃんとヒモ生活から脱却できて良かったですね!!

因みに、お2人の間に子供がいるのかどうなのか…につきましては、調べましたが確かな情報は出てきませんでした。一般の人でしょうから、公表は控えているんですかね。

でんじろう先生は、3浪していた??

米村でんじろう先生は、千葉県市原市出身。

本名の米村という姓は、いまの嫁の苗字ということですので、現在は婿養子。旧姓は、戸谷さんというそうですよ。

今でこそ、あんなに楽しい実験パフォーマンスを見せているでんじろう先生ですが、もともとは理科や科学が大嫌いだったとか!

だからこそ、多くの子供に科学の楽しさを知ってもらいたいという一心で、東京学芸大学に3浪してまでもあきらめずに入学したわけですね。

どうやら、以前に父親が事故で亡くなっており、母親が女手一つで育てたので、経済的にも国立の大学でなければ、
通わせてあげられないから…とプレッシャーを与えていたそうなので、3浪してでも、国立大学を目指さなければいけなかったんですね。

そこで、頑張るでんじろう先生!エライですね!!結果的にものすごーい親孝行ですもんね。

sponsored link

現在の活動は?

でんじろう先生は、非常勤講師を務めたあと、都立高校の教諭を経て、1998年に「米村でんじろうサイエンスプロダクション」を設立。サイエンスプロデューサーとして、多くのメディアへ出演し、たくさんの人たちに、科学の楽しさを体感させています。

まるでマジックのようなパフォーマンスが売りで、弟子たちとともに、試行錯誤を重ねて、現在のような形に築き上げたそうです。

あのサイエンスショーを間近で見たら、忘れられないですもんね~。それまで苦手意識の強かった科学でさえも、好きになっちゃう子供も多いのではないでしょうか??

家族構成まとめ

・ でんじろう先生には律子さんという嫁がいる。

・ 子供がいるかいないかは、調べたが公にされていない。

・ 婿養子に入っている。米村姓は、嫁の名前。

・ 結婚当初は、嫁が仕事をし、でんじろう先生はヒモであった!!

・ 現在は、サイエンスプロデューサーとして活躍している。

いかがでしたか?まさか、あのでんじろう先生が、ヒモ生活をしていたなんてビックリでした。また、母親のためにも、3浪してまでも国立大学を目指すところがスゴイなぁ~と感心。

これからも、多くの子供たちの記憶に残る科学実験を披露してもらいたいですね。

以上、アオイがお届けしました。
最後までお付き合いくださり、有難うございました!!

Sponsored Links

コメントを残す