乙武洋匡の母親と嫁は人間出来すぎ?これなら子供も豊かに育ちそう!

乙武洋匡さんと言えば、生まれつき両足・両腕がないという『先天性四肢切断』の身体障害者で、彼が執筆した「五体不満足」という本は、大ベストセラーになりましたよね。

とても、そんな重い障害を持っている方には見えず、堂々とした立ち振る舞いが、非常に勇気を与えてくれていました。

しかし、今年に入って、まさかの不倫騒動!!!!!
そんな今気になる男・乙武洋匡さんについて調べてみました。

 




Sponsored Links


嫁はどんな人?

乙武洋匡さんの嫁は、仁美さんという方で、一般の女性。出会ったきっかけは、以前、同じ早稲田大学内。

 

もともと、乙武さんの好みのタイプが

「自分に自信のない人、暗い人、乙武さんに興味を示さない人」
だったそうで現在の嫁がピッタリだと思ったそうです。

なんでしょうかねぇ。自分とは真逆の人がタイプなのか、それともそんな陰のある人が気になるのか???どんな心理なんでしょうか・・・

 

乙武さんが、割とアクティブで外交的な人柄に対し、嫁の仁美さんはどちらかというと家でゆっくりしていたいタイプだとか。
きっと、嫁に家事や育児を任せざるを得ないので、ゆっくりと家にいてくれる人のほうが居心地が良かったんでしょうね。

子供はいるの?

乙武洋匡さんにはなんと、3人も子供がいます!

2008年に長男が生まれ、2010年に次男、2015年に長女が生まれています。

子供を作るにあたり、乙武さんの病気が子供たちに遺伝しないか?と嫁の仁美さんは相当悩んだそうです。

その真意はというと、『乙武さんを介護しながら、障害を持った子供を育てることは物理的に無理ではないか?』と思ったからだそうです。

決して、乙武さんの病気が嫌だとか、そーゆーことではないんですよね。本当に、包容力ある・理解のある方なんだなぁと感心です!!!!

 

子供の情報は、特に公表されていませんが、おそらく健常者なのではないかと思われます。

sponsored link

乙武さんの母親は?どんな人?

当然ながら、生まれながらにして手足がなかったわけですから、乙武さんを生んだ母は、さぞかしショックを受けたんだろうと思います。

実際、乙武さんが生まれた病院の医師たちの配慮で、生まれてから1か月は、母親に会わせなかったそうです。それも、事実を伝えることなく・・・

 

ところが!!!
1か月後、初めて母親が、手足のない赤ちゃんと対面したとき

「かわいい」と一言言ったそうです!!!

こんなお母さんだからこそ、前向きに障害と向き合って生きてきた乙武さんが出来たんでしょうかね!!!

「障害は不便であるけど、不幸ではない」と言っていて、
『親を恨んだことは一度もない。感謝しかない。』と言っているのも乙武さんとお母さんの信頼関係があってからこそですね。

まとめ

・乙武洋匡さんの嫁は仁美さんという一般女性
・三人の子供がいる
・母親のことは全く恨んでおらず、生んでくれたことに感謝している
・前向きで強い乙武さんに育てたのは母あってこそ!!!

今年に入って不倫騒動で、好感度は急降下中の乙武さんですが(笑)
嫁・仁美さんの器のでかさには、多くの人が感心していますよね~
ぜひ、そんな出来た嫁を今後は大切にしていってほしいですね。

以上、アオイがお届けしました!!!
最後までおつきあい、ありがとうございました★

Sponsored Links

コメントを残す